建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

不動産査定サービスに新しい参加企業が増えました。

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。
早いものです。。。今年も残りわずかとなりました。
ホントにアッという間の1年でした。
「LOOK不動産.COM」のウェブサイトを今年3月にグランドオープンさせ、早8ケ月が過ぎようとしています。
何とか、月間10,000人のユニークユーザーが訪れてくれるようになりましたが、サービスの充実という面では、もう一つ物足りない。。。
来年は、さらに充実したコンテンツ・サービスを目指してがんばります。

LOOK不動産.COMの「無料不動産査定サービス」に新しい仲間が増えました。
         
水野 真紀さんのCMでおなじみのスターツピタットハウス株式会社です。

多様な売却メニュー
ピタットハウスならではの多数の売却支援メニューでお客様にあった売却方法をご提案してくれます。
○不動産簡易査定
 周辺の売り出し事例や成約事例、公示地価等の「基礎データ」を参考にして机上価格を算
 出する方法です。
○不動産訪問査定
 物件の現地を訪問した上で、査定価格を算出する方法です。より正確な査定価格を知るこ
 とができます。
○不動産買取保証査定
 物件の現地を訪問した上で、適正売り出し価格と買取保証価格をご提示させて頂きます。
○ダブル不動産査定
 売却する場合と賃貸に出す場合をシミュレーションして比較検討頂くことが出来ます。

全国300店舗以上のネットワーク
ピタットハウスは地域密着の営業活動。全国300店舗以上のネットワークから収集される購入希望客の情報は、生きた情報として日々ピタットハウスの中に蓄積されています。この豊富な購入顧客情報をもとにお客様に合ったご売却の提案をしてくれます。

比較ができる!
不動産の査定の場合、査定を依頼する会社の大小等規模はあまり関係ありません。
お客様が何を望まれ、何を優先するのかをお客様の立場になって不動産査定+ご提案をしてくれる不動産会社(担当者)とめぐり合うことです。
当社の査定サービスでは、中央三井信不動産、スターツピタットハウス等大手不動産会社と地元密着型の不動産会社の査定サービスが受けられます。

ぜひ、「LOOK不動産.COM」の無料 不動産査定サービスをご利用ください。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

ポストテンションによるPRCの集合住宅 その2

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

このブログでご紹介しているリフォームの匠 倉田先生・徳永先生のJV設計・監理
PRCの31世帯ワンルームマンションは現在工事中です。

今回の現場で施工していただいている施工会社「田中工務店」のポストテンションによるPRCの集合住宅の施工例をご紹介します。




構造設計でもPC工法の 新しい流れを創るべくデザインし、かつ何代に渡って受け継がれるような高 耐久性を持たせました。


最大の特徴
この工法での最大の特徴は、梁も柱もなく大きな空間をつくることが可能であることです。
大きな空間をつくることにより、思い通りの部屋のレイアウトができます。
この物件の場合、上記の写真の家具は可動式になっていて、賃貸住宅でありながら家具を動かすことにより賃貸入居者の思いのままの間取りをつくることができます。

  
レイアウトは自由自在


大空間も思いのまま

これからの賃貸住宅は、多様化するニーズに合わせてフレキシブルな対応ができるようにすることも賃貸住宅の安定経営の一つであると考えます。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

不動産ソリューションフェアに参加しました。

こんにちは。
ウェブコンパスの玉川です。
不動産ソリューションフェアの出展準備やら、新しいコンテンツの作成やらで(いいわけですが。。。)すっかりブログをサボってしまいました。

11月28・29日東京ビックサイトで開催された「不動産ソリューションフェア」に参加しました。
500人以上の方が「LOOK不動産.COM」のブースに来場してくれました。
赤外線による建物診断」「ビルのリフォーム・リノベーション」「ビルのコンバージョン」「資産運用」など、展示パネルを見ていだだき、様々なご質問・ご相談を受けました。

展示ブース

フェア用に用意した500部のパンフレットが途中でなくなるほどの大盛況(?)でした。
来場者のほとんどがビルのオーナーなど不動産建設関連の方だったこともあり、建物診断・リフォーム・ノーベーションにご興味を持っていただけました。

進行方向から見た展示ブース


無事終了
名だたる会社に囲まれて、どうなるかと思いましたが、2日間無事に終了することができました。
終日、立っちぱなしだったスタッフ全員、足が棒のようになり、浮腫んでパンパンでした。
皆さん、ご苦労様でした!

フェアでお客様の声をじかに聞くことができました。
お客様の意見を反映しながら、より良いウェブサイトに成長させていきたいと思います。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

赤外線センサーによる建物診断

こんにちは。
ウェブコンパスの玉川です。

今月より、「LOOK不動産.COM」の建物診断に新しいサービスが加わります。

赤外線センサーによる建物診断
非破壊で建物の壁の中を見る赤外線センサーを使用した調査です。現場での調査方法はいたって簡単!【赤外線センサー建物調査診断システム】は赤外線カメラを使用し、撮影をするのみ!あとは、解析センターで処理をし、報告させていただきます。

大切な資産を守るために。。。
壁の中の結露、外壁の剥離、防水の状況などの建物の劣化状況がわかり、補修の方法や時期のアドバイスも可能です。
雨漏りの工事をしても止まらない時の原因も、壁の中を解析することで、原因を発見することができます。

建物診断調分析例










赤外線の4つのポイント
赤外線でみえる4つのポイントがあります。

【熱】
目には見えない、熱の分布がわかります。
【空気】
外壁のタイルとの間にできた隙間を発見することができます。剥離や剥落の原因である構造材と外装材の隙間を見つけることで、外壁の落下事故を未然に防ぐことが出来ます。
【水】
壊さずに、壁の中の水分の分布がわかります。雨漏りの道筋が目に見えて解り、原因をつきとめることができます。
【水蒸気】
壁の中に溜まっている水蒸気を見つけ出すことが出来ます。これまでカビが生えるまで気付かなかった壁の中の結露を早期に発見し、対処することができます。

診断結果を解析診断報告書にまとめ、改善方法と共にご提供いたしますので、保全対策の立案にもお役立ていただけます。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

ポストテンションによるPC工法でこんなものまでつくれます。。。

こんにちは。
ウェブコンパスの玉川です。

このブログでご紹介しているリフォームの匠 倉田先生・徳永先生のJV設計・監理
PRCの31世帯ワンルームマンションは現在工事中です。
今回、このワンルームマンションは、ポストテンションによるPC工法で建築されます。
この工法によるコンクリート(壁)がいかに強固であるか立証する施工例があります。

ポストテンションによるPC工法でこんなものまでつくれます。。。
この施工例は、今回のワンルームマンションの施工会社 蠹鎮羚務店の施工例です。
    

    
四隅に垂直の柱のない鳥籠のような斜め柱は断面300角の為、鉄骨JOINT部材や高流動性コンクリート及びPC鋼棒での緊張を採用し堅固な構造体としている。
また、9mある片持スラブは海岸から高さ30mあり支保工を計画するのは無理である為、陸地で上部躯体完成後、鉄板軌道を利用し建物を海岸側へ9m移動した。
建物移動後に特殊アンカー部材で基礎と堅固に一体化している。
崖状敷地や事例の無い工法等で大変苦労しましたが、高台のすばらしい眺望を得る事が出来た建物は必見です。

チョッと怖い気がしますが、絶景です!
    

    

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

不動産ソリューションフェアに参加!

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

第8回不動産ソリューションフェア 開催決定!!
2006年11月28日(火)・29日(水)
東京ビックサイト西3・4ホール 10:00〜17:00(両日)

ウェブコンパスの運営する「LOOK不動産.COM」も上記不動産ソリューションフェアの参加が決まりました。

不動産ソリューションフェアとは。。。
株式会社ビル経営研究所(週間ビル経営発刊)が主催するビル経営(賃貸事業)の悩みをすべて解決するイベントです。

昨年のフェアの様子



不動産経営活性化のための豪華企画が満載!

☆業界屈指の名士論客による講演・パネルディスカッション。
大手不動産会社のトップをはじめ、不動産業界のキーマンを招いて約60のセミナーを開催します。

☆多彩な製品・技術を有する企業展示コーナー
不動産に関連するあらゆる分野から数多くの企業が参加し、経営の改善に役立つノウハウや製品をご紹介します。

「LOOK不動産.COM」は建築・リニューアル・リノベーション・コンバージョンに参加します!
建物を壊さず、赤外線カメラによるビルの建物診断。
テナントビルのリニューアル、コンバージョンの施工例の紹介。
「LOOK不動産.COM」に参加いただいている、劇的ビフォーアフターでおなじみのリフォームの匠で活躍中の倉田先生をはじめ、徳永先生、古賀先生などのリノベーション作品の紹介コーナーもあります。
同じく「LOOK不動産.COM」に参加いただいている「あの建築家とつくる家で有名なアートウェッブハウス株式会社」のリフォーム・コンバージョン施工例もご紹介します。
また、時代の変化に対応する資産運用賃貸マンションの施工例などもご紹介する予定です。
もちろん、フェア当日各専門家が個別にご質問・ご相談に応じます。

入場料は無料ですのでご興味のある方は、一度会場に足を運ばれたらいかがでしょう。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子




ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

悪質な仲介業者〜まだまだいるんですよね〜

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

LOOK不動産.COM」の「不動産なんでも相談」「不動産のセカンドオピニオン」に寄せられる相談内容を見ると
『はア???』と驚くような相談が時々あります。

相談者ではありません。
驚かされるのは、ブローカーに近いというか、昔ながらの不動産屋というか、正直言って悪質な不動産会社がまだまだ存在するということです。
不動産会社は、昔からセンミツヤといわれ、千のうち三つ決まれば、食べていけれるといわれてました。また、不動産の免許がなければ罰則規定もないので、ブローカーと呼ばれるモグリに近い人達もたくさん存在していました。

一般消費者はわからない
言い方は良くないですが、ほとんどの一般消費者は無知です。不動産に関しての知識はほとんど持ち合わせていません。
そこに狙いをつけて、悪いことをする奴がいるんですよね。。。
昔良くあったケースでは、車で案内をして、食事をさせてお酒を飲ませて、そのまま契約をさせたというのがありました。
気づいたら、家も建たない調整区域で、近くに何の交通手段もない土地を買わされたりして・・・随分被害にあった人がいました。
今は、クーリングオフ制度がありますが、その頃は、ほとんど泣き寝入りだったのではないでしょうか。

つい最近の相談では・・・
売却を依頼している不動産会社に不信感を抱き、契約直前で売却を取りやめようとしたら、「購入者は、ローンを組んでいて、既に金利を払っている、今さらやめることはできない。許さない」と言われたようです。
アリエナイ。。。そんなことは有り得ない。
契約もしていないのに、なぜローンを組むの(というよりなぜ組めるの)。
もし、何らかの形でローンを組んでいたとしても、「契約をしてない不動産にローンを組ませる不動産会社ってどうよ」
相談内容を読みながら、ただ、あきれるばかり。。。

いつも同じ結論になりますが。。。
自分の身は、自分で守るしかありません。一生に一度あるかないかの高額な買物です。
慎重過ぎるくらいがいいのかもしれません。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社
ウェブコンパス 玉川 玲子


ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

マンションの駐車場抽選会

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

駐車場抽選会
昨日、私の済んでいるマンションの駐車場の抽選会がありました。
前にお話したように、私の住んでいるマンションは、○丁目全部がマンションというマンモスマンションです。
ゆえに慢性した駐車場不足でした。(だから公平?にするために2年一度入れ替えのため抽選していました)
今年は、2年に一度の駐車場抽選の年です。それにあわせて、駐車場を増設し、駐車場希望者には、全員がマンション敷地内に確保できるという。
それでも、自分のマンション棟に近い駐車場を確保したいから、ハラハラドキドキでした。
おかげさまで、128番目(ちなみに、これでも早い番号です。。。)が当たり何とか居住棟に近い駐車場を確保できました。

マンションを決めるときには、駐車場も大切ですよね。
都心のど真ん中にあるマンションならいいのですが、都心からチョッと離れたマンションを購入するなら、駐車場の保有台数もマンション選びのポイントかもしれませんね。
自分が車を持たないにしても、やはりマンションを売却するときのポイントになるかもしれない。。。
マンションの査定額には影響しないと思いますが、+αの付加価値になると思います。
私のマンションは空地いつの高いマンションで、マンション内に大型公園や緑がいたるところにあります。だから駐車場の増設も可能でしたが、通常のマンションであれば、建ペイ・容積率を最大まで利用しているので、竣工後の駐車場増設は難しいのが現実です。

新築・中古にかかわらず分譲マンションを購入するときには、マンション保有率も確認してから購入しましょう!

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社
ウェブコンパス 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

マンション購入。。。新築派?中古派?

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

中古マンションと新築マンションどっちがいいの?。。。と良く聞かれます。
新築と中古、どっちが良くてどっちがお徳なのかは難しいですよね。予算もあることですし。

高額な買物ですから、あれこれ考えるのは当然。
私個人としては、一戸建てなら断然新築!っていうか、土地を購入して建築士に相談しながら自分の思い描いた家を建てたい。(そんな予算はないし、現実的には遠い夢)
マンションなら、私はどちらかというと中古派かな。。。

マンション選びで大切なことは・・・
1.マンションの管理体制
2.立地条件               
だと思っています。
もちろん、新築で上記を満たしていて、かつ予算が合うなら新築でもOKです。
ただ、新築マンションの管理状況は住んでみないとわからない。
修繕計画が本当に実施されるかも未定。修繕積立金が貯まってなければ、もちろん修繕できない。
また、今は新築ラッシュで新築マンションが売れ残っているという話を聞きます。
空き住戸が増えれば、修繕積立金の回収がさらに困難になるという悪循環が生まれます。

中古マンションは確認できる
中古マンションは既に数年管理を運営していますから、管理状況・管理体制・修繕積立金の確認ができます。自分の目で確かめることができます。
「マンションは管理を買え」とよく言われます。
新築のときは、きれいだったマンションも10年も経たないのに、ひどい状況のマンションを時々見かけます。

立地条件も大切
私は、新築マンションか中古マンションかというよりもマンションは立地条件と住環境で選びます。
都心に近く、駅から徒歩10分以内、または住環境がいいなどの資産価値のポテンシャルが高いマンションを優先します。

リフォームを自由自在に!strong>
新築マンションをリフォームなどで手を入れるにはチョッと気が引けます。
中古マンションなら構造上可能な範囲で、間取りも自由。クロス(壁紙)一枚から・床の素材や色まで選べます。
自分の身長に合わせた高さのキッチンにすることもできます。
一棟で計画される分譲マンションの仕様や間取りは、どれも似たようなもの。全く同じというパターンも少なくありません。
自分だけのオリジナルティーあふれるマンションに変身させることが可能です。

以上、自分勝手な私個人の意見です。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社
ウェブコンパス 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

不動産の名義変更(所有権移転登記)

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

このところ忙しいです。。。何が忙しいというわけではないのですが、あっちに出向き、こっちに呼ばれ、事務作業も盛りだくさん。
もともとアナログ人間の私が、IT関連の仕事をしていることが間違ってしまっているのかもしれない。。。な〜んて、現実逃避をしている毎日です。

話は変わりますが・・・
このところ不動産の名義変更(所有権移転)手続きを司法書士等に依頼せずに自分でできないか。。。という相談があります。
できることはできます。
難しくないといえば難しくないのですが、割と面倒くさいものです。
私も自分の不動産の抵当権の抹消登記を自分でしましたが、面倒くさかった・・・正直言って。

自分が地方の法務局に何度か出向いて、労力を惜しまなければできます。
ご自分で不動産登記をしようするときには、法務局の相談窓口に行くとよいカもしれません。手続きをするのは、不動産の所在地を管轄する法務局なので、そこでアドバイスを受けるのが一番手っ取り早いはずです。
各法務局には相談窓口が設けられていて、どのようなことをしたいかということを相談すると、いろいろとアドバイスしてくれます。
法務局によっては、冷たい対応をされるかもしれませんが・・・自分でやると決めたら、どんな対応をされても怯んではいけません。
私の営業マン時代の公官庁の調査・確認などをするときの鉄則は馬鹿になりきることでした。。。知ったかぶりはいけません。とにかくわかるまで聞く。
(よくパートのおばさんの振りをしました。)
どのような手続きをするべきかということや、どのような書類をそろえるべきかというようなことも教えてくれ、参考例・説明なども無料でコピーして渡してくれます。

労力を惜しまず自分でやってみたいと思う方はチャレンジしてみてください!

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社
ウェブコンパス 玉川 玲子
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM