建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

荒川区町屋に於ける板金工場併設の住宅の計画

 狭隘道路が網の目の様に巡る昭和の古くから残る下町の一画でその街並みに溶け込む様に営まれてきた木造の板金工場を建て替え計画です。古い下町の一画もここ数年はハウスメーカーの画一的な住宅に徐々に建て替わり道路も部分的に拡張され、そのぎこちなさと相まってカオス的な雰囲気を作りつつあるその地で親子3人で住む住居と板金工場を併設した建築計画が実行されました。
その板金工場という用途から1階部分は無柱の作業性のよい空間が求められ、同時にその前面道路から来る高さの制限内に納めるために床板(スラブ)の厚さが梁を含め最も薄肉で構成可能なRCフラットスラブによる構造を採用しました。設計途上では一時、木造による案もありましたが柱をなくそうとするとことによる梁成のアップが必要な天井高が確保しづらく、逆に柱を立てるにはその短いスパンが効率的でなく、両者を満足すべく最大公約数的な選択から構造は必然的にRC壁式で梁を使わない壁と床によるフラットスラブの構成へと収束していきました。



コーナーの隅切り部分をその前面道路を挟んだ反対側から少し引いて見た様子。二枚のパネルをつき合わせることなく空隙を持たせる事で軽さが表現出来ればと考えました。



同じくそのコーナー部分を前面道路と三叉路状に直行するもう一つの道路を隔てた位置から見下ろした様子。コーナー部分が隅部とならずにそのまま抜けていく気配を与えようとしたところ。



前面道路の反対側から建物ファサードを見た様子。

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

■税理士に任せても親身になってもらえないこともある!

依頼主は相続人なのに、
結局は税務署の味方の税理士も多い!

申告が終わって税務調査のときほど、
税理士が相続人の味方か否かがはっきりするときはありません。

相続の申告書を提出すると、税務署はその内容を確認し、
ほぼ1年くらいの間に税務調査が行われることが一般的です。

そうしたときには、税務署が何の予告もなしにいきなり訪れて、
家の中に申告をしていない財産が隠されていないかを探し回るということはありません。

まずは、申告を担当した税理士に調査をしたい旨の連絡があり、
相続人の都合を確認してから、来るわけです。

そのときは当然ながら申告をした税理士も立ち会うので、
相続人がおろおろするということもなく、課題となっている項目を確認していくことになります。

税理士は相続人が依頼したわけですから、相続人の代わりに
税務署と対応してくれなければ報酬を払う意味がないというものです。
相続人は、当然、自分の味方になってくれるものと期待することでしょう。

ところが、いざ実際にふたをあけてみれば、税務署のいいなりということが現実のようです。

税務調査に関して寄せられる相談では、税理士が税務署のいいなりで
全く助けてくれないという話がほとんどです。

それは相続人が故意に隠したことではなく、
税理士の確認不足だったり、評価違いであったにしても同様です。

たいていの人が税務署の調査と聞いただけで不安ばかりで、
どう対応していいのかわからないのは当然です。税理士が頼りという心境でしょう。

せめて自分達の味方になってくれる人を選ばないと、あとあとまで後悔することになります。

相続コーディネーター 曽根 恵子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

相続税は亡くなってからでも節税できる!

 相続においては、相談する専門家の選択を誤ると、相続人の感情的な行き違いに発展したり、
節税ができずに相続税の負担が大きくなったり、その後の人生に
影響を及ぼすこともあるのが現実です。

それでは、誰に頼めば円満にいくのか? 誰が節税してくれるのか?
誰に相談したらいいのかもわからないのが多くの方が抱える不安だといえます。

結論の一つをいえば、「不動産」が課題になるということです。

不動産があるから相続税がかかり、納税が難しい。
不動産は個々に違い、評価が難しい。
不動産があると分けにくく、もめてしまう。などなど。

要は、相続では不動産の知識がないと節税もできずに、トラブルのもとをつくることになるのです。

逆に考えれば、「不動産」を活かすことで、節税でき、相続を乗り切ることができ、
財産を継承しながら価値を生むことができるのです。

節税して財産を残したいと望むなら、自分の明確な意思が必要です。

そして具体的な節税を実践してくれる、
「不動産に強い」「節税意識のある」「相続人の立場になれる」専門家と一緒に取り組むことが近道だといえます。


相続コーディネーター 曽根恵子

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

二世帯住宅

中野区弥生町の幹線道路から1本細い道を入ったところに計画された二世帯の住宅です。敷地が面する細い道も法42条2項道路と言われる「将来的に道路となる予定の道」であって現実的には幅員2mの袋状の小径。その小径に面する形でこの住宅は計画されました。

 中野区弥生町の幹線道路から1本細い道を入ったところに計画された二世帯の住宅です。敷地が面する細い道も法42条2項道路と言われる「将来的に道路となる予定の道」であって現実的には幅員2mの袋状の小径。その小径に面する形でこの住宅は計画されました。
与条件より建物を耐火建築とする方法を選んだのですが、

 ・搬入の問題で鉄骨は使えない
 ・RCにすると杭が必要となり、その杭の搬入が出来ない

ということから必然的に木造で耐火建築となる新しい手法「ツーバイフォーによる1時間耐火」なる方法を選択、実行しました。
ツーバイフォーという工法は本来はその「熟練工」を必要としない簡易な組み立て方法をして輸入されたシステムですが、日本の様々な規制、利害関係に揉まれていくうちに特殊な工法となり、しかもそこにボード4重貼りといった手法で耐火建築にまで持っていくため乾式工法でありながら最も手の込んだ建物に結果的になったと言える住宅です。
上下階で完全な二世帯住宅になっています。1階は写真の中央部分が玄関。二階へは外階段を昇って別の玄関から入ります。
上下階で完全な二世帯住宅になっています。1階は写真の中央部分が玄関。二階へは外階段を昇って別の玄関から入ります。
外階段は鉄骨、グレーチングの段板による階段です。
外階段は鉄骨、グレーチングの段板による階段です。


2階住戸の玄関。玄関を通して反対側まで視界が通ります。

by 倉田 裕之
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

「バンピング」という鍵開け

こんにちは、高橋です。

昨日朝のニュースワイドで見入ってしまった記事。

有名な「ピッキング」に続く「バンピング」という鍵開けの方法。

鍵

ピンタイプシリンダー錠(写真上)に、その商品に対応する特殊キーを
突っ込み、軟らかいトンカチみたいなものでたたくと

鍵が開いた。
(写真下は普通の鍵です)

欧米で販売されている鍵には、対応した特殊キーがネットで入手出来るとか。

まだ日本の鍵には出回っていないらしいが、怖いのは

素人でも出来る
ということ。

試しに手近な鍵でやってみたものの、さすがに開かなかったが。

週刊朝日に記事が載り、TVで放映されたものだが、注意を喚起する
意味ではいい取材だったと思う。

また、鍵業界と泥棒業界のイタチごっこの始まりでしょうか。
皆さんも注意しましょうね。


高惣商事株式会社
代表 高橋 弘吉
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

地デジを考える(真面目に)

地デジ(地上波デジタル放送)。

キムタクのCMですっかり定着したお陰で、賃貸マンションの入居者さんから

「ウチは地デジにならんのか??テレビはコジマで最新型買ったのよー!!」

という声が出だしたこの頃、そろそろ装備をしないといけないかと思い
といっても1棟だと最低50万円から資金のかかる事だし・・と迷ったので
本当に受信出来るかを「マスプロアンテナ」の技術の方を呼んで
調べてもらいました。

作業は、調査用アンテナを屋上に持参し



東京タワーへ向かって狙いを定め



本職みたいなテスターで(本職です)チャンネル毎の電波をチェック



電器工事屋さんと取り交される言葉は
「%#$*V”&d>」と専門用語でわけわかりませんが、
素人に分かる様に聞くと、結果、ここは(幕張)電波は強いが障害で

デジタルきΝ┃チャンネルはモザイクがかかったみたいに見える

つまり、「意味なし!!」

てことで、設置を断念しました。
今年の夏に、地域にケーブルTVが入ってくるのでじっと待つことに。

マンションアパートオーナーの皆さん、設置は慎重に調べて下さいね。
「地デジ詐欺」とかもあるみたいだし。

それより総務省さん、本当にあと4年で全国切り替えちゃっていいの??。


高惣商事株式会社
代表 高橋 弘吉

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

今日の相談事

こんにちは、高橋です。

玉川さん、ブログご無沙汰じゃないですか!!。
かくいう私も久しぶりの投稿になりますね、ごめんなさい。

今日は来客が続き、1日応接に座りっぱなしだったので、
よろず相談を日記風に。

引越し前日突貫リフォーム!
管理してる賃貸マンションがタイミング良く申込み入ったものの、
3/24(土)朝に退去が終了し、翌日朝に入居の引越屋到着というタイトな契約。
この時期、リフォーム業者はてんてこ舞いなのが分かりつつクリーニングと畳交換発注。
結果3社に断られ、最悪うちの事務員さん2名と一丁やるか!!と覚悟を決めたら
4社目からOKの回答、胸を撫で下ろしました。

水道が詰まって引越??
他業者の管理マンションに入居している知人が久しぶりの来訪。
水道水の出があまりに悪い(トイレの水を流すとシャワーが止まる)ので、
管理会社に相談したら調査に来て「下の階が空いてるので引っ越してください!」の回答。
話を聞くと、その部屋だけ室内の給水管内部が錆で詰まってパイプを交換しなければ
ならない様子。ホテルに数泊するか引越して大工事!!みたいに言われたそうで、
「そんなことはないと思う。住みながら職人入れて2〜3日で終わるはず、
代わりに説明したげます。」と説明(管理会社も知ってる所なので)。

全国賃貸住宅新聞から取材!?
どこでウチの会社を見つけたのか、業界全国紙から編集部来訪。
敷金のトラブル防止の為の、東京都賃貸住宅紛争防止条例(通称「東京ルール」)
施行から2年が経過し、果たして周辺都市はどうなっているのだ??という
特集の為のインタビュー。
きっと、不動産業者名簿にダーツを投げて当たりでもしたのかと想像。
国土交通省の原状回復ガイドラインも、賃貸入居者はまだまだ知らないですね
という意見で一致(賃貸入ってる人は是非勉強してくださいね。このブログにも
書いたことがあります。)
恥ずかしながら私の顔写真を提供させていただきました。

うーん、これで残業が増えていく・・・。

高惣商事株式会社
代表 高橋 弘吉

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

離婚時の厚生年金分割制度

こんにちは。ウェブコンパスの玉川です。

いやア・・・ブログを随分サボってしまいました。
年が開け、1・2度ほどしか投稿していません。情けない。。。
そして、気づけば1月も終わりです。サボりグセを打破しないといけませんよね。

それにしても、今月は忙しかった。。。(ブログをサボった言い訳ではありません)
この頃、不動産・建築以外に「離婚時の厚生年金分割制度」について聞かれることが多くなりました。
とはいえ、私には興味もないし、よくわかりません。
そこで、懇意にしている社労士のI先生に聞いてみることにしました。

「離婚時の厚生年金分割制度」とは。。。
平成19年4月以降に離婚した場合、協議によって離婚した夫の厚生年金の全部の最大5割まで分割して受給できるというもの。
いままででも、裁判などによって年金の一部を離婚した夫に請求することも可能ではあったが、年金の振込みが夫の口座に振り込まれていたため、妻には支払われない事が多々あったということです。
今回の年金分割制度施工により、分割された年金は国から直接妻の口座に振り込まれることになるそうです。

国民年金(基礎年金)は対象外
分割できるのは、会社員などが加入している厚生年金と公務員が加入している共済年金のみだということです。会社員の年金は基本的には基礎年金と厚生年金の俗にいわれる2階建てになっていて、分割できるのは厚生年金の部分だけになるということです。

上記が厚生年金分割制度の大まかな概要ですが、分割を請求するにはいくつかの注意・留意点があるそうです。
I先生は熱心に注意・留意点などを説明してくれましたが、自分としてはあまり興味がなかったせいか、頭の中に入ってきません。。。I先生スミマセン。
また、何かの機会に注意点などをご紹介できればと思っています。

離婚に伴う、財産分与・年金分割制度、ますますスムーズに離婚ができなくなるかもしれませんね。

不動産売却査定など不動産の総合サイト「ルック不動産.COM」運営会社 
代表 玉川 玲子
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

アパホテルに耐震偽装発覚

こんにちは、高橋です。
最近、忘れた頃にやってくる様になってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

京都府内のアパホテルに、またも「耐震偽装」2件が発覚しました。
アパホテル社長
これは、昨年11月17日に幕張アパホテル(旧幕張プリンスホテル)が
グランドオープンしたセレモニー時の元谷社長の写真(なぜか招待された)。

この時は、地上50階のプリンスホテルを買収して露天風呂やチャペルなど作り

露天風呂

チャペル

スピーチにも気合入りまくってましたが、今回は残念な涙の会見。

耐震構造など解らないだろうな、と思われる元谷会長・社長のイメージを見るにつけ
ちょっと可哀相にも思えましたが、急激に拡大した組織の中で
社会的責任と会社の管理システムが追いつかなかった弊害か・・と想像します。

早急な安全対策を図り、利用者の信用を回復して欲しいものです。

ただ、数年前千葉県○○代市で作ってた分譲マンションの突貫工事は
道路向かいのマンション管理組合担当としてエゲツナイ工事やねえ、
と感じていましたが・・

高惣商事株式会社
代表 高橋 弘吉


ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

共有名義の不動産・相続と贈与

こんにちは。相続コーディネーターの曽根です。

不動産の売却、査定など不動産の総合サイトルック不動産.COMでは資産相続の専門家に無料で相談できます。ぜひご利用下さい。

共有名義の不動産・相続と贈与
■共同名義で購入した自宅の名義変更・相続について Fさん

【相談内容】
父と長男(私)家族が同居しています。

11年前に家を購入しましたが、父6:私:4の共同名義となっています。
父が入院してしまい、状況としては極めて悪く退院はおろか、生存期間も残念ながら長くないかもしれません。

そのような背景でのご相談となりますが、この共同名義について、税金面から見た場合、
「生存中に私名義に変更する」「死亡後に相続する」のどちらが金銭的な負担が減るのでしょうか?

また、上記以外に金銭的な負担が軽減される方法があるのであれば教えて下さい。

宜しくお願いします。



【回答】
税務的なことだけで判断すると、贈与時よりも相続時の方が基礎控除額が大きいため
負担は少ないものと思われます。

但し、持分の6割は相続財産であり、他の相続人の方々にも権利が生じます。

遺言書が有れば別ですが、なければお話し合いで、他の相続財産で相続人が納得するのであれば、相続時の方がいいと思います。

今のうちに名義を変えるのに贈与するとしても、お父様がご相談メールの状態から考えると、意思確認が必要となりますので、 それ自体が難しいかもしれません。

〜資産相続センターより転載〜
 NPO法人資産相続総合センター 理事長 曽根 恵子〜

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM