建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< 資産運用の現場から | main | 個人で買う、投資用不動産 >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

実の親の遺産を受け取れないAさん

こんにちは、相続コーディネーターの曽根です。

不動産の売却、査定など不動産の総合サイトルック不動産.COMでは資産相続の専門家に無料で相談できます。ぜひご利用下さい。

相続現場の本音・・・・・・実の親の遺産を受け取れないAさん



Aさんの父親は、Aさんが生まれる前に他界。
母親は、諸事情により入籍しておらず、生まれたAさんは父親の兄夫婦の実子として入籍、しばらく育ててもらっていました。
その後、母親は結婚し、Aさんと一緒に生活できる環境になったことから、Aさんを引き取り親子の生活が始まったのです。それはAさんがまだ5歳ころのことだったようで、特に違和感もなく、そのまま成長したということです。

そうして母子二人の生活になりましたが、Aさんにとって母親は実の母に違いはなく、何ら疑うこともなく、特に困ったこともなかったということでした。
そうして年月が過ぎ、祖父母が亡くなり、兄夫婦が亡くなり、母親も亡くなってしまいました。
ところが、母親の相続の手続きをすることになって、困った事実に遭遇したのです。
母親は離婚しており、配偶者はありません。実子がAさんであることは間違いないのですが、母親の兄夫婦の実子として入籍したままで、自分の戸籍にはAさんの記載はありません。
引き取ったときに養子縁組をしておくべきだったのですが、当時は結婚していたことがあり、そのままになってしまったようです。

しかし、現実でいうと、母親は戸籍上、実子がいないことになっており、母親の妹だけが相続人ということになるのです。
母親の妹は、Aさんが財産を相続することに異論はないものの、それができないのです。
結局は、一旦、母親の妹に相続してもらい、その後、Aさんに遺贈するしかないのが結論。
このことでAさんは叔母さんに迷惑はかけたくないとしきりに気にしていますが、他に方法はないのです。生前に養子縁組をしておくようなアドバイスをする人がいなかったのかと残念ですが、相続がいざ現実になっていまわないとできないのかも知れません。

(相続実例ReportMailより転載)


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックにご協力下さい。
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 11:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM