建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< またもや耐震偽造!! | main | 専門家に調べてもらうのがベスト >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

作戦勝ちした土地の評価


こんにちは、相続コーディネーターの曽根です。

不動産の売却、査定など不動産の総合サイトルック不動産.COMでは資産相続の専門家に無料で相談できます。ぜひご利用下さい。

相続現場の本音・・・作戦勝ちした土地の評価


農家のKさんの申告のコーディネートをしたときのことです。財産のほとんどが土地というK家ですが、市街化の農地で生産緑地に指定してある畑は亡くなった父親からKさんが生前贈与を受けています。
名義はKさんでも相続財産としなければならないので相続税は2億円5千万円と予想されました。
農地は相続税の納税猶予を受けられるので、実際に納税するのは1億2700万円です。

しかし、大変な額なので節税を目指しました。土地の評価が下がれば相続税も減額できます。
大きいのが自宅と隣接する畑で、生産緑地の指定は受けていません。
自宅が500坪、畑が500坪あり続いていますが、真ん中に私道を通しています。
この1000坪の土地を一体として区画割図を作成し、宅地造成した場合の有効宅地率を出して評価しました。
この評価を採用すると納税は8200万円になり、4500万円の節税が実現します。担当の税理士の先生はこの案に難色を示し、税務署は通らないかもしれないので責任を持てないとの見解でした。

そこでKさんには修正申告を余儀なくされるかもしれないことも了解してもらい、スタートを低いして有利にする方を選択して、税理士の先生を押し切り、申告を終えたのです。その後、税務調査も終わりましたが、調査は預金関係だけで追徴もなく、相続税は確定しました。税理士の先生が通らないかもとした評価は添付資料もあり、合法的と認められたようです。いわば、作戦勝ち!税理士の先生の常識も経験もときにははずれるようで、こういう方法があるのを教えてもらってよかったと言われる始末。
Kさんには多少の追徴も覚悟してもらっていましたが、余計な心配に終わり本当に感謝されています。




ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックにご協力下さい。
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 10:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
相続コーディネータの曽根様
私どものサイトにトラバしていただき、ありがとうございまいた。
神戸から不動産鑑定士と税理士で不動産の頼れるサイトにしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM