建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< ≪不動産売買契約書 基礎講座 契約条項≫粥〃戚鷯鮃燹覆修18) | main | ≪不動産売買契約書 基礎講座 契約条項≫21 契約条項(その19) >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

土地の売買契約について

こんにちは。相続コーディネーターの曽根です。

不動産の売却、査定など不動産の総合サイトルック不動産.COMでは資産相続の専門家に無料で相談できます。ぜひご利用下さい。

土地の売買契約について
■ 父が知り合いに土地を売ったが、未だ全額支払われていない Dさん

【相談内容】
はじめまして。 質問をよろしくお願いいたします。
土地の売買の件です。

父は平成4年頃、知り合いに土地を売り契約しました。
売り代は約500万です。
契約時に100万を頂き、契約書には平成5年に残金の400万を支払う内容となっています。
平成5年に100万、平成6年に100万頂きました。
残り200万については待ってくれといわれ、現在そのままになっています。
3年くらい前にのそのような話があり、その後は連絡ありません。

土地代を総て、貰ってないため土地の登記簿は現在も父が保管してあります。
土地は、現在誰も使用しておらず野ざらしに状態です。

残金200万については、父が買った時の値段や現在の土地価格等から、残金全額、または半額は貰わなくてもよいと考えています。

父も高齢のため、この土地について早めの決着をしたいと考えております。

質問です。
1.このままの状況を続けて(父が登記簿を渡してないを含めて)法的に問題ないか。
2.相手と話し合い、残金全額、または半額は貰わなくてもよいとし、登記簿を渡せば、今後は特に問題が生じないか。
3.残金を総て、相手から貰うとしたらどのような手続きが必要か。
4.その他アドバイス等

よろしくお願いいたします。


【回答】
まずは相手方に連絡を取り、今後の手続について話し合われた方がよいでしょう。

残金を全て請求される場合は、契約書を作成されているということですのでそれを相手方に提示し請求されるのが宜しいかと思います。

いずれにせよ相手方に連絡をする事が先決でしょう。


〜資産相続センターより転載〜 NPO法人資産相続総合センター 理事長 曽根 恵子〜
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 09:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
くま笹焼酎 野ざらし
薬草効果のあるくま笹。それを使う日本唯一の焼酎です。長野県の日本酒蔵元千曲酒造が日本酒の仕込み手法で造った米焼酎の2次仕込みの段階で天然のくま笹を加えて醸造したこの焼酎は、とても味わい深いものがあります。ほのかに米麹の香りが鼻を抜け、味はまろやかです
  • 酒好きの酒日記、空即是酒
  • 2006/12/16 7:09 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/16 9:37 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/16 9:32 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/16 9:29 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/16 9:25 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM