建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< 悪質な仲介業者〜まだまだいるんですよね〜 | main | 不動産の名義変更・相続税と財産分与 >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

不動産売買契約書 基礎講座 契約条項 契約条項(その11)

皆さん。こんにちは。
不動産流通コンサルタントの鈴木と申します。

不動産の総合サイトルック不動産では、建物診断・セカンドオピニオン(第三者による検査・内覧会立会い等)に参加しており、建物の構造等、住まいに不安のある方や、不動産契約時に不安のある方に対して、第三者の立場からアドバイスをさせていただいてます。建築や不動産のこと、お困りでしたらぜひご相談下さい。

不動産売買契約書 基礎講座 契約条項
新築マンション売買契約書、今回は第13条、アフターサービスに関する条項です。

第13条(アフターサービス)
(1)本物件のアフターサービスについては、売る主は別に定める「アフターサービス基準」に基づきこれをおこなう。
(2)アフターサービスの受付窓口は、本マンション管理事務室とする。

前回の瑕疵担保責任とは別に、通常新築マンションの場合は売主である宅建業者からアフターサービス基準が交付されます。
これは、建物躯体から始まり、細かな設備・建具等の不具合まで細かく保障期間を定めて記載したものです。


上記の文例は、サービス受付窓口として管理会社が売主より委託を受けて行うケースとなっていますが、本来売主が行うものです。
クレームを今後の参考とするため、あえて自社のアフターサービス部門が対応している会社もあります。

レアケースですが、最近びっくりした例をご紹介します。
契約立会いにうかがったときのこと。
ほぼ上記文例のとおりご説明されたご担当者が、アフターサービス基準をくれません。

「えっ!」

『別に添付の・・・』って書いてあるし、さっき言ったじゃない?

当然ながら、基準書はもらいましたが、担当の第一声が、
「いつも引渡しのときに渡してますからねぇ、契約のときはないです。」

…どうも本気だったみたいです。

ほんとにレアケースであることを祈りますよね。
そこのマンション、確か70世帯くらいありましたから他の方も同じような契約されているのでしょうね。

何とも…ですねー。

「ルック不動産.COM」建物診断セカンドオピニオンサプライヤー
アリス不動産リサーチ代表 鈴木芳彦
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 09:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
苦情・クレーム 患者の声相談窓口
「苦情・クレーム 患者の声相談窓口」 患者の声相談窓口は、医療についての相談や苦情の窓口として24都府県に....
  • 苦情 クレーム対応なら【苦情・クレーム対応処理マニュアル】
  • 2006/11/13 11:17 AM
担保物権 典型担保・非典型担保とは
担保物権 「典型担保・非典型担保とは」 担保物権とは、債権者が有する債権の確保を...
  • おまとめローン・借り換えローンでローン返済一本化
  • 2006/11/06 3:27 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM