建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< 誰でもできる不動産調査〜住宅用地編〜道路その4 | main | ある日の出来事 >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

誰でもできる不動産調査〜住宅用地編〜農業委員会では?

皆さん。こんにちは。
不動産流通コンサルタントの鈴木と申します。

不動産の総合サイトルック不動産では、建物診断・セカンドオピニオン(第三者による検査・内覧会立会い等)に参加しており、建物の構造等、住まいに不安のある方や、不動産契約時に不安のある方に対して、第三者の立場からアドバイスをさせていただいてます。建築や不動産のこと、お困りでしたらぜひご相談下さい。

農業委員会では?
どうして土地を買うのに農業委員会か?とお思いかとは思いますが、千葉などでは都市部でも今だに対象地が多いので一応ご説明です。(市区町村役場にこのようなところがあることさえもご存じないですよね。)

売買にあたり、農地法による許可あるいは届出が必要となる土地があります。
ここで対象となるのは、物件の地目(不動産登記簿上)が農地の場合だけになります。
逆に言えば、現実とはかけ離れていても登記簿のみが農地となっているばかりにこの法律の対象となってしまうということで、困った儀式のひとつであります。

農業委員会さんの名誉のために付け加えますと、市街化を抑制する地域や、農業の振興を重視する地域などでの安易な宅地等の乱開発を防ぐため、きちんとした許可制をもって農業経営保護の観点で機能しているという事実もあるのです。

市街化を促進する「市街化区域」内農地の場合は、非常に形式的な届出のみで済みますし、多くの場合、手続きも仲介者等の不動産業者さんが代行してくれますのでご心配は不要です。

そんなこともあるのだなぁ、という知識だけがあれば、余計なご心配をなさらなくて良い部分です。

「ルック不動産.COM」建物診断セカンドオピニオンサプライヤー
アリス不動産リサーチ代表 鈴木芳彦
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 10:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM