建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< 資産運用の現場から〜店舗併用ワンルームマンション〜 | main | 誰でもできる不動産調査〜住宅用地編〜建築指導課 >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

誰でもできる不動産調査〜住宅用地編〜役所調査Part2

皆さん。こんにちは。
不動産流通コンサルタントの鈴木と申します。

不動産の総合サイトルック不動産では、建物診断・セカンドオピニオン(第三者による検査・内覧会立会い等)に参加しており、建物の構造等、住まいに不安のある方や、不動産契約時に不安のある方に対して、第三者の立場からアドバイスをさせていただいてます。建築や不動産のこと、お困りでしたらぜひご相談下さい。

≪誰でもできる不動産調査〜住宅用地編〜役所調査Part2≫
大変お待たせいたしましたが役所調査の続きです。
引き続き、住宅地図など物件の場所の分かる資料と現地で調べたメモ・現況図などをご準備のうえ、勇気を出していってみましょう。

建築指導課さんで調べられることは・・・
〃ぺい率・容積率
※特に道路幅員による容積率制限など(道路幅員は現地調査で調べましたよね。)は重要。
⊆仞制限
F陰規制
し築協定の有無
コ銅鐓鯲磴亡陲鼎建築制限   ほか
ちょっと難しいですかね・・・。

でも大丈夫。

素人宣言&以下のマジックワードで切り抜けてください。
「ここにこういう家を建てたいのですが大丈夫ですか?」
「どのような制限に注意をすればいいですか?」
建築指導課さんは、このような調査に関する問い合わせへの対応や建築確認申請の受付事務、そして申請に基づく現地確認などさまざまな業務をかかえておられ、役所の中でもかなりお忙しい部署といえます。

エリアごとに地域を熟知した担当がおり、かなり明確な返答が得られるケースが多いです。

明確な答えを引き出すにはきっちり現地調査ができていることが鍵になります。
ぜひ頑張ってみてください。

「ルック不動産.COM」建物診断セカンドオピニオンサプライヤー
アリス不動産リサーチ代表 鈴木芳彦



ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 09:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ブランズ平和台、斜線制限に抵触
ブランズ平和台が斜線制限に抵触していることが判明した。コンクリート造の塀の高さが、斜線制限緩和に関する規定に抵触する。東急不動産も施工者の青木あすなろ建設も斜線制限緩和に抵触した状態で工事を進めた。第三者検査機関の工事完了検査で指摘されて始めて対応し
  • 東急リバブル東急不動産東急建設不買
  • 2006/12/10 12:02 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM