建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
<< 資産運用の現場から〜ワンルームマンション15世帯〜 | main | ☆不動産購入マニュアル☆〜新築一戸建(建売住宅)編Part11〜 >>
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

☆不動産購入マニュアル☆〜新築一戸建(建売住宅)編Part10〜

みなさん。こんにちは。
不動産流通コンサルタントの鈴木と申します。

不動産の総合サイトルック不動産では、建物診断・セカンドオピニオン(第三者による検査・内覧会立会い等)に参加しており、建物の構造等、住まいに不安のある方や、不動産契約時に不安のある方に対して、第三者の立場からアドバイスをさせていただいてます。建築や不動産のこと、お困りでしたらぜひご相談下さい。

■新築一戸建(建売住宅)を買うPart6
売主から直接買う(1)
     『売主につき、手数料不要!』(取引態様:売主)
仲介(媒介)の表示とは違い、このように書かれたチラシをよく目にします。
これが直接売主さんから購入できる物件ですね。

もちろん、もっとも大きな特徴は・・・、

何度もご説明していますので、既にご存知の通り仲介手数料が不要であるということです。

ざっくり物件価格の3%イニシャル負担が減ることになります。
そしてこれは、売主さんとしても同じこと、仲介会社へ支払う3%が減りまので、一取引あたり6%の経費がなくなるわけです。

物件や売主様の信用などの事前調査や第三者的な立場(形式上は消費者寄りの立場でしょうか)の重要性は無視できない仲介会社の機能なのであり、金額だけでの判断ではいけないのですが、4000万円の物件ならは片手(売主さんもしくは買主さんのどちらか一方からの収受手数料のこと)で120万円、両手なら240万円にものぼり、結構な金額となります。

不動産取引に関する見識をつけ、ローンや購入手続き或いは建築知識などをある程度身につけられ、先にご紹介したような堅実な業者さんをお選びになることができれば、直接のお取引もそれほどご心配には及ばないのではないでしょうか。

新築一戸建の場合、アフターサービス対応など、購入した後にどれくらい熱心なお付き合いをしてもらえるかどうかが大きなポイントになります。

生々しいお話ですが、10年保証で安心などと言っても、この時代、どんなに大きな会社でもその会社が10年間存続しない場合はどうなるのか?
というようなポイントもあるでしょう。
社長のお人柄と財務内容は関係ないケースも少なくありません。

仲介会社さんに仲介をお願いした場合、ご自分にとってどのようなメリットがあるのかを検討してみましょう。

交渉役として非常にありがたい存在と感じられていた担当営業マンも、同じ会社に10年間勤務されるケースは結構少ないという現実もあります。

次回は、売主さんから直接買う場合のデメリットは・・・?

「ルック不動産.COM」建物診断セカンドオピニオンサプライヤー
アリス不動産リサーチ代表 鈴木芳彦
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • 17:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM