建築家のご紹介〜竣工・引き渡しまで、こだわりの家づくりをフルサポート。【ルック不動産.COM】

専門家
不動産・建築の専門家がかいてます。
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.22 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

オーダーキッチン

 オーダーキッチンって?

k2works(ケーツーワークス)のオーダーキッチンは、材質やカラーのオーダーだけでなく、機能性やデザイン性においても、よりお客様の理想に近づけるよう、ご提案を繰り返して製作されております。

製作工程は全て一物件単位で稼動し、一人一人のお客様が自分だけのシステムキッチンや家具としてお使いいただけるよう、部材や金物の選択から組み合わせまで一貫してお客様のオリジナリティを追及し、お客様にとって理想的なオーダ−キッチンが完成するよう、最善を尽くします。

開放的なアイランドキッチン、シャープなデザインのステンレスキッチン、温かみのある木製カウンターキッチン等々、オーダーキッチンを理想とするお客様の、あきらめかけていたイメージを形にすることが、私たちにとっても理想のしごとなのです。



ダイニング側の扉は全てプッシュオープンにして、袖壁や腰壁と一体化しています。
7分ツヤ有りの塗装が上品に輝いて、キッチンスペース全体を明るくしています。








k2works(ケーツーワークス) 代表 古賀 保彦

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

築35年の分譲マンションの内装スケルトンリフォームの事例

 もともとは3DKの細かい間取りで構成され、部屋数こそ確保されども結局どの部屋も小さく、こじんまりとした印象しかなかった空間をその間仕切りを取り払い大きなワンルームに模様替え。構造躯体だけ残して内部を再構成したマンションスケルトンリフォームです。水廻りと居住スペースを平面的に穏やかに仕切、更に視覚的な奥行きを与えるためにバスルームの間仕切りもガラスで構成し、抜け感のある空間を作ろうと試みました。


浴室及び脱衣室は室内から連続する形でガラスパーティションで仕切られています。


リビングスペースからダイニングを通してバスルームを見た様子。天井の照明器具はこのダイニングスペースと手前のリビングスペースで切り分けられています。生活シーンを照明で区切ることにより狭い空間に奥行きを与えます。



キッチン作業面を見ながらバスルームを見た様子。背面の造作家具とアイランドキッチンに挟まれた小さなパス(小径)はそのままトイレの前の小窓まで連続。小径に抜け感を持たせる手法。



ダイニングスペースからアイランドキッチン並びに壁面の造作家具を見た様子。

壁面はその一面を全て造りつけの造作家具で床から天井まで目一杯に構成されています。上部の色が切り替わるラインから上も扉の色を変えた収納が続きます。この造作家具は左からクローゼット、ドレッサー、キッチン食器棚とその収納内容、機能を穏やかに変えながらモデュールに沿って流れていきます。生活パターンをそれぞれユニットに置き換えた時、そのユニットの流れが自動的に生活シーンを作るといった「都市型生活」の一つの提案です。




室内居住スペースからキッチン、バスルームを振り返った様子。
この計画では「水廻り」と称される部分は全て150角の白い陶器質タイルが敷き詰められています。アイランドキッチンの正面のスペースはダイニングキッチンで「水廻り」とは異なりますが、日本で言う「ダイニング」ではなく、食事スペースとして捉える捉え方。ある意味では自然な仕切方です。更にはタイルの床からフローリングに変わるややもすると乱暴な見切りが一方での「連続する生活感」にメリハリを与えられれば、と考えました。


by Kurata
ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

荒川区町屋に於ける板金工場併設の住宅の計画

 狭隘道路が網の目の様に巡る昭和の古くから残る下町の一画でその街並みに溶け込む様に営まれてきた木造の板金工場を建て替え計画です。古い下町の一画もここ数年はハウスメーカーの画一的な住宅に徐々に建て替わり道路も部分的に拡張され、そのぎこちなさと相まってカオス的な雰囲気を作りつつあるその地で親子3人で住む住居と板金工場を併設した建築計画が実行されました。
その板金工場という用途から1階部分は無柱の作業性のよい空間が求められ、同時にその前面道路から来る高さの制限内に納めるために床板(スラブ)の厚さが梁を含め最も薄肉で構成可能なRCフラットスラブによる構造を採用しました。設計途上では一時、木造による案もありましたが柱をなくそうとするとことによる梁成のアップが必要な天井高が確保しづらく、逆に柱を立てるにはその短いスパンが効率的でなく、両者を満足すべく最大公約数的な選択から構造は必然的にRC壁式で梁を使わない壁と床によるフラットスラブの構成へと収束していきました。



コーナーの隅切り部分をその前面道路を挟んだ反対側から少し引いて見た様子。二枚のパネルをつき合わせることなく空隙を持たせる事で軽さが表現出来ればと考えました。



同じくそのコーナー部分を前面道路と三叉路状に直行するもう一つの道路を隔てた位置から見下ろした様子。コーナー部分が隅部とならずにそのまま抜けていく気配を与えようとしたところ。



前面道路の反対側から建物ファサードを見た様子。

ブログランキング 人気ブログランキング参加中。クリックのご協力お願いします

二世帯住宅

中野区弥生町の幹線道路から1本細い道を入ったところに計画された二世帯の住宅です。敷地が面する細い道も法42条2項道路と言われる「将来的に道路となる予定の道」であって現実的には幅員2mの袋状の小径。その小径に面する形でこの住宅は計画されました。

 中野区弥生町の幹線道路から1本細い道を入ったところに計画された二世帯の住宅です。敷地が面する細い道も法42条2項道路と言われる「将来的に道路となる予定の道」であって現実的には幅員2mの袋状の小径。その小径に面する形でこの住宅は計画されました。
与条件より建物を耐火建築とする方法を選んだのですが、

 ・搬入の問題で鉄骨は使えない
 ・RCにすると杭が必要となり、その杭の搬入が出来ない

ということから必然的に木造で耐火建築となる新しい手法「ツーバイフォーによる1時間耐火」なる方法を選択、実行しました。
ツーバイフォーという工法は本来はその「熟練工」を必要としない簡易な組み立て方法をして輸入されたシステムですが、日本の様々な規制、利害関係に揉まれていくうちに特殊な工法となり、しかもそこにボード4重貼りといった手法で耐火建築にまで持っていくため乾式工法でありながら最も手の込んだ建物に結果的になったと言える住宅です。
上下階で完全な二世帯住宅になっています。1階は写真の中央部分が玄関。二階へは外階段を昇って別の玄関から入ります。
上下階で完全な二世帯住宅になっています。1階は写真の中央部分が玄関。二階へは外階段を昇って別の玄関から入ります。
外階段は鉄骨、グレーチングの段板による階段です。
外階段は鉄骨、グレーチングの段板による階段です。


2階住戸の玄関。玄関を通して反対側まで視界が通ります。

by 倉田 裕之
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログランキング参加中
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM